« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

本当に家が完成する住宅完成エスクローシステム「住まいるガード」7月1日より発売開始

報道関係者各位
プレスリリース
2009年06月23日
株式会社GIR


本当に家が完成する住宅完成エスクローシステム「住まいるガード」
7月1日より発売開始

~ビルダーの不測の事態が生じた場合でも、
施主には二重払いリスクを完全払拭~


株式会社GIR(本社:東京都中央区、代表取締役:青木 宏、以下:GIR)は、ビ
ルダーに不測の事態が生じても施主は二重払いのリスクを負うことなく、さら
にバックアップビルダーが工事を継承し、住宅を完成へ導く、住宅完成エスク
ローシステム「住まいるガード」を2009年7月1日より発売開始いたしますので、
ご報告いたします。


2006年頃から始まったサブプライムローン問題による米国の金融危機が、2007
年に入ると日本経済にも影響を与え始め、金融市場の混乱と不動産市場の低迷
により、現在も建築・不動産業が相次いで倒産しております。また、その倒産
によって、未完成住宅物件が全国2,000棟を超えるまで膨らんできております。
これは、ベンダーの倒産によるものだけでなく、一般的な住宅完成保証といわ
れるサービスが「説明不足による契約」、「完成するのに充分な保険がおりな
い」、「バックアップビルダーの確保ができない」などの様々な要因から発生
するものです。

GIRはヘラクレス市場上場のサムシングホールディングス株式会社の100%出資
子会社で、地盤保証サービス「THELAND」(2009年5月現在、20,000件以上の保
証実績あり)業務を中心に地盤調査および地盤改良工事に関する講習会の開催
やソフトウェア開発等を行っています。

このたび、GIRが住宅を完成へ導く、住宅完成エスクローシステム「住まいる
ガード」を開発した背景としては、相次ぐ倒産によって未完成物件を前に、精
神的・経済的損害をうける方々をこれ以上増やすわけにはいかないということ
と、高いクオリティーと資金確保がしっかりできているビルダー様が必要以上
に不信感をもたれている状況を払拭したいという思いからによるものです。

住宅完成エスクローシステム「住まいるガード」は、施主様の建築工事請負代
金を、GIR指定の信託口座に預託していただき、GIRが管理評価する工事の進捗
度合いに応じて、ビルダー様にお支払いしていくというものになります。この
「住まいるガード」を使用することにより、ビルダー様は資金回収・資金繰り
が安定し、安心して施工していただくことができます。同時に、万が一ビルダ
ー様に不測の事態が生じた場合も、施主様は二重払いのリスクを負うことなく、
工事を継承し、家を完成へと導くことが可能となります。

GIRは、フランチャイズ等に加盟しているビルダー様を中心に、「住まいるガ
ード」を導入していただき、来年度(2010年8月期)までに「THELAND」を含め、
1万件の導入を目指すと同時に、ビルダー様と施主様を結ぶ安心の架け橋とな
るべく、精進してまいります。


■住宅完成エスクローシステム「住まいるガード」Q&A
Q1:ビルダー様が工事を継続できなくなった時は?
A1:残工事部分について、バックアップビルダーに工事を継承し、完成させて
まいります。また、継承させるために増加するコスト負担についてはGIRがす
べて負担します。

Q2:どんな工務店でも導入は可能ですか?
A2:いいえ、できません。「住まいるガード」は契約の段階で、GIRの与信基
準をクリアしたバックアップビルダーが必須のため、工務店単体での受付はし
ておりません。

Q3:バックアップビルダーとはどんな会社?
A3:GIRが指定する認定ビルダーです。共通の施工ノウハウを持つバックアッ
プビルダーが、ビルダー様の工事を確実に継承、完成させます。

Q4:GIRが倒産したときは?
A4:工事期間中にGIRが倒産した場合でも、信託口座でお預かりしている請負
代金は、信託財産として保護されておりますので影響ありません。

Q5:信託会社が倒産した場合は?
A5:工事期間中に信託会社が倒産した場合でも、信託口座でお預かりしている
請負代金は、信託財産として保護されておりますので影響ありません。速やか
に受託会社の変更を行い、信託財産を移管いたします。

Q6:住宅瑕疵担保責任保険とは違うの?
A6:住宅完成エスクローシステム「住まいるガード」は、住宅瑕疵担保履行法
に基づく住宅瑕疵担保責任保険ではありません。ただし、住宅瑕疵担保責任保
険への加入により、保険検査が出来高検査を兼ねることができます。

※その他のQ&Aに関してはホームページよりご確認ください。


■会社概要
商号  : 株式会社GIR
代表者 : 代表取締役 青木 宏
所在地 : 東京都中央区新川1-17-24 ロフテー中央ビル6F
設立  : 2000年11月24日
資本金 : 100,000,000円
URL   : http://www.gir.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社GIR
担当  : 保証事業部 雨宮、佐々木
E-MAIL : y_sasaki@gir.co.jp

※一般からの問い合わせ・取材のお問い合わせともにメールのみでのご対応と
なっております。

土地住宅の資産価値をアップさせる7つの秘訣

プレスリリース
2009年06月21日
株式会社スタイルシステム


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産実務経験豊富なファイナンシャルプランナーがとっておきの方法を伝授します。

これでアナタも本当の価値を見分けられる目と知識がきっと身につく!!
まずはスタイルシステムの無料セミナーで基礎知識を身につけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


初めての住宅購入何から調べればいいのかわからない。。
そんなお悩みをお持ちの方は必聴です。

や│さ│し│く│て│わ│か│り│や│す│い│
ス│タ│イ│ル│シ│ス│テ│ム│の│無│料│セ│ミ│ナー

こんな先が見えない不況の時代だがらこそ
賢い消費者になりましょう!!


株式会社スタイルシステムは
不動産実務に詳しいいファイナンシャルプランナーが
賢い不動産購入を全面的にサポートする新しいスタイルの不動産仲介会社です。
年間40回以上もの不動産購入に関する無料セミナーを行っています。

┌────────────◆◆ セミナー詳細 ◆◆────────────┐


【日時】2009年6月28日(日) 13:30~15:00(予約制)
【講師】徳本 友一郎
【参加費】無料
【主催】ウィークエンドホームズ社 1階
     代々木ルネッサンスギャラリー
【会場】東京都渋谷区代々木2-27-12代々木ルネッサンスビル
【交通】
■JR「新宿駅」南口より徒歩7分
■都営新宿線、大江戸線「新宿駅」より徒歩3分
■JR、都営大江戸線「代々木駅」より徒歩6分

■講師プロフィール
徳本友一郎
㈱スタイルシステム 代表取締役
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナーの最高位資格【CFP】を取得し資金計画やライフプランを組んだ上で、
顧客に最適な不動産を提供する会社「スタイルシステム」を設立。
住宅ローン相談、セミナー講師に至るまで一般消費者のマイホーム購入全般に関わる幅広い
活動を行うなか、起業家育成の為のセミナーでも講師を勤めるなど後進の指導にもあたっている。


■申込:ホームページからお申込みください。
     http://www.style-system.net/


┏━┳━┳━┓───────────────────────────
┃大┃公┃開┃ 「こんなにノウハウを公開してもいいの?」と大好評!!
┗━┻━┻━┛───────────────────────────


※セミナー参加者特典!
個別相談希望者の方に徳本友一郎著書、ジュンク堂池袋店さんでも絶賛発売中の
「初めての不動産購入で失敗しない17のチェックポイント」をプレゼント!!

…………………………………………………………………………………

    ■本リリースに関するお問合わせ先■

…………………………………………………………………………………


株式会社スタイルシステム  広報担当:宮崎
東京都渋谷区恵比寿西1-10-10 若葉西ビル6F
フリーダイヤル:0120-087-450
TEL:03-5489-7220
FAX:03-5489-9220


livedoor リサイクル、「HOME'S」で本・CD・DVDの買取サービスを開始

2009年6月16日
買う市 株式会社
**********************************************************************

   livedoor リサイクル、「HOME'S」で本・CD・DVDの買取サービスを開始

   ~ネクスト社と業務提携、引越し依頼と同時に不用品処分が可能に~

**********************************************************************

買う市株式会社(本社:東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル、代表取締役社長:松浦義幹、資本金:2億4000万円)は、株式会社ネクスト(本社:東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイランドトリトンスクエア、代表取締役社長:井上高志、資本金:19億8400万円)と業務提携し、ネクストが企画・運営するポータルサイト「HOME'S」において、不用になった本・CD・DVDの買取サービスを開始しました。

HOME'S 引越し見積もり URL:http://hikkoshi.homes.co.jp/

livedoor リサイクル URL:http://recycle.livedoor.com/homes/

買う市は、プロミスグループとして「livedoor デパート」「livedoor BOOKS」「livedoor リサイクル」「買う市ショッピングモール」等を運営するインターネットカンパニーです。

「livedoor リサイクル」はエコロジーリサイクル事業の一環として展開するもので、顧客がインターネットサイトから買取申し込みを行うと、買う市指定の配送業者が自宅まで買取品を引き取りに出向く買取サービスです。買取対象は「本」「CD」「DVD」で、10点以上から買取を受け付けており、商品引き取り時の送料は無料です。さらに最短4日で申し込みから買取料金の受け取りまでが完了するほか、インターネット上で商品1点ごとの買取査定金額を確認できることが特長です。

「HOME'S」は、住み替えに便利な不動産や住宅などに関する情報を提供するポータルサイトです。今回の「HOME'S」に対する「livedoor リサイクル」の提供は、引越し時における荷物の整理や軽減にフォーカスしたものであり、買う市では今後もリサイクルニーズを持つ顧客を抱えた企業やサイトとの業務提携を進め、エコロジーリサイクル事業の推進に努めていきます。

上記の商品名/会社名/著作の名称等は各社の登録商標または商標です。

■買う市 株式会社について http://corp.cau1.com/
ショッピングモール事業と書籍を中心とした直販サービス事業、さらにテナント向けのサービス事業などを展開し、インターネットショッピングサービスにおいて業界基準以上のサービスはもとより、付加価値の高い新たなサービスを構築し、利用顧客や出店テナントが常に満足できる“インターネットショッピング総合サプライヤー”を目指しています。

〔買う市が運営するショッピングサイト〕
livedoor デパート http://depart.livedoor.com/
livedoor BOOKS http://books.livedoor.com/
livedoor リサイクル http://recycle.livedoor.com/
買う市ショッピングモール http://mall.cau1.com/

<本件に関するお問い合わせ>
買う市 株式会社  担当:林 奈穂子
電話:03-6253-7030
E-mail: pr@cau1.net

イーシー・ワン、アットホーム株式会社の不動産仲介業務総合支援システム(ATBB)を受託開発し、全国展開に向けスタート

報道関係者各位
プレスリリース
2009年06月15日
株式会社イーシー・ワン


イーシー・ワン、アットホーム株式会社の
不動産仲介業務総合支援システム(ATBB)を受託開発し、
全国展開に向けスタート
~技術者レベルに依存しないシステム開発方法で大規模基幹システムを構築~


株式会社イーシー・ワン(本社:東京都中央区、代表取締役社長(CEO):最首
英裕、以下EC-One)は、不動産総合情報サービスのアットホーム株式会社(本社
:東京都大田区、代表取締役社長:松村文衞、以下 アットホーム)より、同社
の不動産業務総合支援システム【ATBB(アットビービー)】の開発委託を受けて
システム開発を進めておりましたが、このたび全国展開稼動を開始しましたの
で、お知らせいたします。

同システムは、物件情報の入手から、エンドユーザー向けインターネット公開、
さらに物件の管理機能といった不動産仲介業務の様々なシーンで必要な情報、
手続きを網羅した、不動産業のベース(土台)となるシステムであり、不動産仲
介業務の運用管理を革新する画期的なものです。


EC-Oneとしては、過去最大級のプロジェクトであり、構築に約1,300人月を費
やして実現しました。業種の特性を考慮し、かつシステム開発の生産性を高め
るため、以下に挙げるような最適な技術を採用して構築しております。

主に採用した技術的要素は以下の点です。
・プログラミング言語は生産性・再利用性を考慮してJavaを採用。
・フレームワークとしてEC-One自社製品のJ2EEフレームワーク『cFramework』
を基盤とした上で、共通部品開発を行い、大幅に生産性向上・開発期間短縮を
実現しました。
・従来のオブジェクト指向開発において問題となっていた、技術者へのスキル
依存性を極力排除し、業務機能を標準化されたアプリケーションアーキテクチ
ャーで効率よくシステム化する開発手法を適用しました。その結果、開発効率
性は勿論のこと、品質にもバラツキがなく、後のテストフェーズの工数短縮に
大きく貢献しました。
・一部開発フェーズにおいて、中国大連におけるオフショア開発を実施しまし
た。
・テストフェーズにおいては、単なるシナリオ通りにテストを行うのではなく、
次フェーズテスト(結合・総合テスト)の品質基準を意識し、テストを行いまし
た。その結果、単体フェーズで9割以上のバグを摘出し、結合テスト以降スケ
ジュール通りにプロジェクトが進みました。
・テスト・運用フェーズにおいては、パフォーマンスを始め、問題箇所早期解
決のためのJ2EEアプリケーション監視ツールCA社『WilyIntroscope(R)』を採
用しました。
・地理情報システム(GIS)を構築し、ATBB上の物件情報と連動させました。

今後はアットホーム社内で保守作業・追加開発作業が出来るよう、EC-Oneによ
るJavaの技術者育成、技術トランスファを実施する予定です。


■アットホーム株式会社 執行役員 鶴森様からのコメント
今回のシステムは
1.35,000を超える利用ユーザ数
2.250万件を超える物件情報
3.既存システムとの複雑な連携
4.並行稼動およびサービスを維持しながらの既存サービスからデータ移行(現
在進行中)
など、非常に難易度の高い要件であったと認識しています。それに対し、イー
シー・ワンの各ご担当者様は高い当事者意識を持ち、弊社担当者との綿密なコ
ミュニケーションにより、この要件の複雑さを理解し、システムを構築してい
ただき、無事にカットオーバーできたことに大変感謝しております。


【株式会社イーシー・ワンについて】
会社名 : 株式会社イーシー・ワン
所在地 : 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル
代表  : 最首 英裕
設立  : 1998年(平成10年)4月14日
URL   : http://www.ec-one.com/

1998年設立以来、一貫してJavaによるコンポーネント開発を手がけています。
企業システムのオープン化が進む中、EC-Oneのノウハウを用いてコンポーネン
トによる標準化を行う企業が増加。製造業を中心に多くの実績を積んでいます。
労働集約的なソフトウェア業界を、ソフトウェア資産の共有化・再利用により、
知識集約への転換を図り、より高い生産性・想像力を発揮しうる事業への転換
を図るコンサルティング・開発・事業化支援を行っています。


【アットホーム株式会社について】
アットホームは1967年の創業以来、「アットホーム全国不動産情報ネットワー
ク」を基盤に、不動産情報メディア・不動産業務ソリューション等の事業を通
じて、不動産に携わる全ての個人・企業の皆さまのお役に立つサービスを提供
しています。

【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社イーシー・ワン
担当:営業部 中村 和矢 < k-nakamura@ec-one.com >
   ビジネス・クリエーション部 金田 勝巳 < k-kaneda@ec-one.com >
TEL :03-5614-7027
FAX :03-5614-7026

アエラホーム「新・住宅読本」を、モデルハウス来場者・資料請求者にプレゼント

報道関係者各位
プレスリリース
2009年06月05日
株式会社ライク


アエラホーム「新・住宅読本」を、
モデルハウス来場者・資料請求者にプレゼント

「アエラホーム」ブランドで注文住宅を販売する株式会社ライク(山梨県甲府
市、代表取締役社長:中島鷹秀、以下:ライク)は、モデルハウスへの来場者
やホームページでの資料請求者に、外張断熱工法の採用によって実現する、よ
り快適な高気密・高断熱・高遮熱住宅が1冊でわかる「新・住宅読本」をプレ
ゼントいたします。http://www.aerahome.com/

ライクが販売する主力商品「Newクラージュプラス」は、アルミ箔面材付高性
能断熱材で家全体をすっぽり包む外張断熱工法を採用し、次世代省エネ基準を
大幅にクリアする高気密・高断熱・高遮熱住宅です。また、「冷暖房費6割減、
CO2排出量65%削減(第三者登録一級建築事務所調査)」を実現し、住宅性能表
示で省エネルギー対策等級4を始めとする主要7項目で最高等級の「長期優良住
宅対象住宅」でもあります。

そこでライクでは、地球温暖化抑制に効果のある外張断熱工法を採用した高気
密・高断熱・高遮熱住宅の普及・啓蒙を図るために、アエラホームの各モデル
ハウスにご来場いただいたお客様やホームページで資料請求いただいた方に、
高気密・高断熱住宅の必要性や高気密・高断熱性能のウィークポイントをカバ
ーする高遮熱性能の重要性をわかりやすく解説した「新・住宅読本」をプレゼ
ントいたします。

「新・住宅読本」は、高気密・高断熱住宅の普及に尽力するフリーライターの
富樫琢哉氏が執筆し、高気密・高断熱性能の必要性や高気密・高断熱住宅が実
現する快適生活、遮熱性能の重要性など、様々な視点から高気密・高断熱・高
遮熱住宅のメリットを紹介しており、高気密・高断熱・高遮熱住宅をわかりや
すく紹介した1冊となっております。

■「新・住宅読本」概要
体裁・頁数:A5版 80ページ
主な内容 :●よい住宅には「高気密・高断熱性能」が必要
      ●これから建てるなら絶対『高気密・高断熱』住宅
      ●本物の高気密・高断熱住宅が欲しい!など
配布対象 :モデルハウスへの来場者、ホームページでの資料請求者

※下記URLにて、「新・住宅読本」の立ち読みが可能です。
http://www.aerahome.com/book/index.htm#page=9

<執筆者 富樫 琢哉氏(住宅ライター)プロフィール>
株式会社日本建設新聞社に勤務。住宅専門雑誌「豊かな住まいづくり」の営業
・編集に5年間携わる。フランチャイズグループの運営及び広報関係を8年間担
当。1999年にフリーライターとして独立。現在に至る。建設会社の広報面での
支援・カウンセリングに従事。

■会社概要
名称  : 株式会社ライク( http://www.aerahome.com/ )
所在地 : (東京本社) 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル17階
      (甲府本社) 山梨県甲府市徳行1-4-1
設立  : 1984年12月
資本金 : 1億円
従業員数: 450人
代表者 : 代表取締役社長 中島 鷹秀


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ライク
担当 : 経営企画部 後藤・大森
TEL  : 03-5339-6111
E-mail: info@like.co.jp

不動産プレスリリース

JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 みんなのレポート